季節の言葉

カニ漁解禁

富山湾から西の海でカニ漁が解禁になった。
11月から翌3月までがカニ漁をしている期間となっている。
ところが新潟県では1,2月が禁漁期間と反対である。
いずれにしてもカニが美味しい季節になったのです。

このズワイカニは地域によって名前が変わります。
福井県では越前ガニ、京都の丹後半島の一部では間人ガニ、
鳥取県では松葉ガニと呼称があります。

それぞれに地元ブランドを大事にしようということで
タグを作ってカニの足にくっつけている。

個人的な感想でいうと越前ガニが一番美味しいという記憶がある。
鳥取の海も新潟の海もつながってはいるのですが、
海底の様子が違うらしいのです。
海底は砂地というよりも泥のような状態であり、
この泥に良質の餌が多く含まれているかどうかによって
カニの味が変わるのだそうです。

カニの食べるものは、貝、ゴカイ、魚の死骸など動物性のものを主食にしている。

そしてカニの食べ方は個人で好みがあると思いますが、
カニ味をダイレクトに味わうなら茹でガニがよいです。

お酒のあてにするときは焼きガニや刺身も織り交ぜていただくといいでしょう。
カニの甲羅に日本酒を入れて火であぶると香ばしい甲羅酒が楽しめる。

冬は鍋の季節ということでカニスキもあるのですが、
これはカニの旨みが鍋の汁に出てしまうので
カニが出汁の元になってしまいます。
もったいない食べ方だと思います。

また気をつけたいのは冷凍のカニの扱いです。
現地で茹でたカニを通販で販売しています。
冷凍しているカニは解凍のときに旨みのエキスが流れでてしまいます。
ですから鍋の具として冷凍カニを注文するのはいいですが、
茹でカニをそのまま楽しむことは不向きです。

しかし、カニはイタミが早い食べ物なので、
冷蔵だけでは腐る可能性が高いのです。

腐った、腐りかけたカニを食べると食あたりがキツイです。
ですから、カニを楽しむためには現地へ行って新鮮なものを食べる。
または活きたカニを扱っている都会の専門店で食べるかです。

但し、カニは水槽に入れておくとどんどん身が細くなって行きます。
水槽を汚さないためにカニに餌を与えないからです。
回転の良い店を選択することが美味しいカニを食するコツです。

カニツアーと銘打って旅行社が宣伝していますが、
地元のカニを食べるツアーは特別高い料金が掛かります。
1万円、2万円では山陰から福井で地元のカニは食べることが出来ません。

美味しい物を食べるには知識をつけないといけません。
[PR]
# by jiroru07 | 2010-11-08 17:33 | 季節ごとの言葉

ミツバチが減るとイチゴが高騰する

ミツバチというと蜂蜜を連想することが普通だろう。
昨年テレビの報道番組でアメリカのミツバチが大量死という特集を見た。
大量死といっても死骸の山を見たことが無く、突然いなくなるという。
大量失踪ということになるが、ミツバチの行動範囲は3kmというらしいので、
探せば移動したのか死んでしまったのか、どちらにしても痕跡が残るはずだ。
ところが捜索しても全くわからないという。
伝染病説や農薬説など諸説があるが決め手がないという。
そこで蜂蜜に打撃があるというとそればかりではなくて、
実は農産物にこそ大きな影響が出るという。
ミツバチは農作物の受粉に欠かせない昆虫らしい。
所変わって日本では今年の春にミツバチ不足が深刻なニュースになっていた。
日本でもミツバチの大量死があった。アメリカほどではないにしても、
農作物用のミツバチはアメリカからも仕入れていたという。
それが輸入できず、国内産も数が少ない状態になっている。
日本では、イチゴ、メロン、ナシ、スイカ、ナス、きゅうり、かぼちゃなどを
ミツバチが受粉させているのです。
そこでミツバチが不足すると受粉率が減少して収穫量が減ってしまうのです。
それほどミツバチに依存した農作物があったとは初耳でした。

生物多様性ということで世界会議が日本で開催されている。
様々な生物が複雑に作用しあって今の生態系があるのですね。
何かの生物が滅ぶと他は関係ないというわけはなく。
食物連鎖やミツバチのように受粉活動で種が出来る植物もあったりして、
お互いが作用しあって種の存続がしていけるのです。
[PR]
# by jiroru07 | 2010-10-19 13:18 | 雑記

趣味のゴルフ

運動は必要ということで何かしなくてはと思って
ゴルフを初めて5年経つ。

ゴルフクラブを握ったのは若い頃に2度しかない初心者。
しかし他人から指図されるのは性格的に無理があったので
ゴルフ雑誌や本を読みあさり知識を付けた。

しかし頭でわかってもうまく打てるはずもなく、
右や左に飛んでいったり、ボールの頭を叩いたり、
空振りも半年くらいは当たり前のようにあった。

練習場で半年の間訓練したのでコースデビューを果たす。
しかし練習場とコースではまったく違う。

練習は同じクラブで同じ位置で平坦な場所でスイングする。
まったく同じリズムで打っているとボールには当たる。

コースへ行くと上がったり下がったりと地面が平らではない。
そして使うクラブも1打ごとに変わっていくのです。

地面を掘ってみたり、空振りしたりと散々な内容でした。
月一ゴルファーとして少しでもうまくなりたいと、
スイングやグリップを研究したのです。

全然うまくならない上に人とは違うグリップの解説をしていた本の
内容を鵜呑みにして練習していたので余計に悪くなった。

面白くなくなって、年に1,2回のラウンドしかしなくなった。

そして今年の春にラウンドしたときにグリップがおかしいと指摘され、
基本に戻って変えてみたらスコブルよくなった。

そのときに書斎のゴルフという本の著者の単行本を目にする。
そこにはプロのゴルファーを真似してもアマはうまくならない、
というようなことが書いてあった。

その中でとくに足の立ち位置やボールの置いてある位置について
目からウロコの解説があった。

さっそく練習で実践してみると調子がよくなったのが実感できた。
スコアもぐっと良くなってきた。

そうなるとまた面白くなってくるのです。
この1ヶ月半で3回のプレー。
毎回スコアがよくなってくるのです。

次は100を切るのが目標になっている。
[PR]
# by jiroru07 | 2010-10-09 17:18 | 雑記

土用の丑

土用の丑に鰻を食べる習慣が始まったことには諸説あるらしい。
平賀源内が知り合いの鰻屋の商売が繁盛するように考えたという説が
もっともらしくてよいと思う。

さて江戸時代の鰻は当然のこと全部国産の鰻だった。
しかも天然の鰻ばかりである。
それが大量消費するようになったことと
自然破壊により鰻が取れなくなったというこが相まって
養殖が盛んに行われるようになったのである。

鰻の生態は今でもわからないことが多いらしく、
研究はほとんど進んでいない。
大きくなった鰻は川で捕獲することができるのであるが、
鰻は成体になったら海へ行って産卵するのである。
それが一体どこの海なのか解明されていない。
そして鰻の産卵、人工孵化に成功していないのである。

鰻の養殖は、海で生まれた子供の鰻が川へ上がってくるときに
網ですくって捕獲して集める。
それを養殖業者が大きく育てるという形態をとっている。
年々子供の鰻の捕獲量が減少しているのである。

当然のごとく国内だけではまかない切れないので
中国からの輸入が増加する。
しかし昨今の中国食品の農薬汚染やギョーザ問題で
人気が低下しているために高級魚の鰻にいたっては
中国産を嫌う人が多いらしいのである。

そこで食品偽装問題が起きた。

国産鰻は売れるが中国産鰻は売れない。
だから国産と表示して販売するというのが
売る側の理屈であるが、それは屁理屈である。

昔の日本人は平気で嘘をついて食べ物を売る人はいなかった。
それは嘘をつくのは恥だからである。
嘘つきはどろぼうの始まりという言葉があるように、
他人の財産を奪って自分は何食わぬ顔をしていられる人だ。
このような人間が金儲けをしてのさばるのは何に問題があるのか。

夏日が続く天気にはスタミナを付けないといけません。
安心して、鰻を食べたいものである。
[PR]
# by jiroru07 | 2010-07-21 13:32 | 季節ごとの言葉

梅雨入り

いよいよ今週から梅雨らしい空模様が一週間続いた。どんよりと蒸し暑い毎日は精神的によくない。
晴れるか降るか、はっきりとしてほしい。しかし田んぼに水が貼られたのを見ると、米作りには梅雨が必要なのだと実感する。美味しいお米を作るためには、この時期に雨がたくさん降る必要がある。
梅雨の雨は山の森林などで貯えられて、それが川や地下水となって麓に流れていく。
豊かな水は美味しい米を育むのである。
山から流れる水は、植物などのミネラル成分を含んだ栄養に富んだ水なのだ。
その水によって育った米は味がいい。美味しい米作りは美しい水が大切な要素だという。
新潟や秋田で美味しい米が出来る要素は栄養豊富な山の水にあるというわけです。
話は変わるが、牡蠣の養殖で有名な三陸海岸の養殖業者のことがテレビで紹介されていたことがあった。
美味しい牡蠣を研究するためにヨーロッパの牡蠣養殖が盛んな港まで視察にいったときのこと、山から流れて来る川の水が栄養豊かだと美味しい牡蠣が出来ることを知らされた。海の中だけに原因を求めていた自分だったが、まさに目から鱗が落ちた瞬間だった。
そして彼は日本に帰ってきて、山の整備から始めたのである。森林伐採で荒れた山からは栄養たっぷりの水は出来無い。山を昔のようにたくさんの種類の木々が共生するような姿にしようと努力した。その結果、日本でも一番美味しいという牡蠣を作れるようになったのである。
自然はリサイクルしているんだ。それを壊すとロクでもないことが起きる。
近年、海の白色化が日本各地の海で見られると言う。海藻が死んで生き物がいなくなった海は白く見えるのです。その原因を研究している大学教授の話しでは、共通していることは近くの山が死んでいるということだと。つまり山の栄養が海に流れ込んでこないために海が死ぬのだという。
たくさんの食べ物を提供してくれる海、とくに日本はぐるりと海に囲まれているので、海のありがたみを感じない人が多い。海の資源は取り放題で元は無料と思っている。その間違った考えが自分に帰ってきているのである。
[PR]
# by jiroru07 | 2010-06-18 16:36 | 季節ごとの言葉



季節ごとの言葉から想うこと
カテゴリ
全体
季節ごとの言葉
雑記
協力サイト
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧