季節の言葉

<   2009年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2009年中秋の名月

旧暦の8月15日の満月を中秋の名月という。
この日を15夜ともいい、今年は10月3日にあたる。
中国では中秋節として盛大に祝う行事となっている。
こういうと難しいことのようであるが、簡単にいえば月見のことである。
夜空にひときわ大きく輝く星は月でありその大きさと明るさは群を抜いている。
現代では電気を使った灯りで夜も明るい環境を作っている。
しかし蝋燭しかない昔は月が灯りになっていたのである。
この月は夜の明かりだけでなく、人間と密接に関わっている。
月の引力は地球のあらゆる生命に大きく関係しているのである。
月の引力により、海の満潮、干潮が起きる。
この海の干満の変化により豊かな生命が育まれている。
この海で誕生して進化していった生物の種のひとつが人間へと繋がっている。
満潮のときに出産が多くあり、干潮のときに亡くなる人が多いという研究結果もある。
満月のときの傷は治りにくい、新月のときは治るのが早いので、
手術は満月のときを避けるという事例も研究されている。

話しを元に戻すと、15夜の月は、太陽と月の角度が調度地球に光を
最適に届ける角度になるという。
それで1年で最も綺麗な月が見れるわけです。
忙しい毎日の中にあって、たまにはゆっくりとした時間を過ごすのも悪くない。
[PR]
by jiroru07 | 2009-09-28 11:15 | 季節ごとの言葉



季節ごとの言葉から想うこと
カテゴリ
全体
季節ごとの言葉
雑記
協力サイト
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧