季節の言葉

カニ漁解禁

富山湾から西の海でカニ漁が解禁になった。
11月から翌3月までがカニ漁をしている期間となっている。
ところが新潟県では1,2月が禁漁期間と反対である。
いずれにしてもカニが美味しい季節になったのです。

このズワイカニは地域によって名前が変わります。
福井県では越前ガニ、京都の丹後半島の一部では間人ガニ、
鳥取県では松葉ガニと呼称があります。

それぞれに地元ブランドを大事にしようということで
タグを作ってカニの足にくっつけている。

個人的な感想でいうと越前ガニが一番美味しいという記憶がある。
鳥取の海も新潟の海もつながってはいるのですが、
海底の様子が違うらしいのです。
海底は砂地というよりも泥のような状態であり、
この泥に良質の餌が多く含まれているかどうかによって
カニの味が変わるのだそうです。

カニの食べるものは、貝、ゴカイ、魚の死骸など動物性のものを主食にしている。

そしてカニの食べ方は個人で好みがあると思いますが、
カニ味をダイレクトに味わうなら茹でガニがよいです。

お酒のあてにするときは焼きガニや刺身も織り交ぜていただくといいでしょう。
カニの甲羅に日本酒を入れて火であぶると香ばしい甲羅酒が楽しめる。

冬は鍋の季節ということでカニスキもあるのですが、
これはカニの旨みが鍋の汁に出てしまうので
カニが出汁の元になってしまいます。
もったいない食べ方だと思います。

また気をつけたいのは冷凍のカニの扱いです。
現地で茹でたカニを通販で販売しています。
冷凍しているカニは解凍のときに旨みのエキスが流れでてしまいます。
ですから鍋の具として冷凍カニを注文するのはいいですが、
茹でカニをそのまま楽しむことは不向きです。

しかし、カニはイタミが早い食べ物なので、
冷蔵だけでは腐る可能性が高いのです。

腐った、腐りかけたカニを食べると食あたりがキツイです。
ですから、カニを楽しむためには現地へ行って新鮮なものを食べる。
または活きたカニを扱っている都会の専門店で食べるかです。

但し、カニは水槽に入れておくとどんどん身が細くなって行きます。
水槽を汚さないためにカニに餌を与えないからです。
回転の良い店を選択することが美味しいカニを食するコツです。

カニツアーと銘打って旅行社が宣伝していますが、
地元のカニを食べるツアーは特別高い料金が掛かります。
1万円、2万円では山陰から福井で地元のカニは食べることが出来ません。

美味しい物を食べるには知識をつけないといけません。
[PR]
by jiroru07 | 2010-11-08 17:33 | 季節ごとの言葉
<< 浴室の蛇口を修理する ミツバチが減るとイチゴが高騰する >>



季節ごとの言葉から想うこと
カテゴリ
全体
季節ごとの言葉
雑記
協力サイト
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧