季節の言葉

昭和の日

4月29日は何の休日と言われるとすぐに思い浮かばない。
昔は天皇誕生日だった。

長い間それでやってきたのである。
4月の祭日は天皇誕生日で、5月3日は文化の日、5月5日はこどもの日。
それが身に染み付いている。
最近になってようやく5月の3日、4日、5日が連休だと認識した。

この4日の祝日がみどりの日になっているが、
平成元年から16年までは4月29日がみどりの日だった。
平成17年から4月29日を昭和の日とすることになったので、
みどりの日を5月4日に移動させたという。

昭和の日というのはまったく馴染みが薄いのである。
休日であるのはありがたいことなのだが、意味がはっきりしない。

少し調べてみると、
昭和天皇が崩御されたときに天皇誕生日が今の天皇の誕生日に変わった。
すると4月29日は休日ではなくなる。
休みが減って喜ぶ人はなかなかいない訳である。
ましてゴールデンウィークがウィークで無くなる可能性がある。

そこで休日を存続しようということになったのである。
次に名称をどうするかということで話し合いが持たれた。
そのときの自民党官房長官が小渕恵三氏。
テレビで平成という年号を発表した人で有名。
小渕恵三氏の私的諮問機関でみどりの日にしたという。
その理由は、昭和天皇は植物研究をしていたし
緑がことのほか好きだったという理由である。

その後昭和という名称を残したい国会議員たちが立法化を試み、
平成12年と14年に国会に提出したがタイミング悪く決定しなかった。

平成17年に3度目の正直というか、国会で成立したのです。
自民党が強い時代だったからできたことでしょう。

民主党政権の今じゃ、日教組の圧力で実現することはない法案です。

天皇云々は別にして、昭和という時代は懐かしい。
戦争があって国が敗れたのも昭和で、
その敗戦の焼け野原から復興を成し遂げたのも昭和だった。
国がものすごいエネルギーに満ちた時代だった。

そんなことを振り返るにはちょうど良い日かもしれない。
[PR]
by jiroru07 | 2010-04-26 17:42 | 季節ごとの言葉
<< ワールドカップ開催近づく バンクーバーオリンピック開幕する >>



季節ごとの言葉から想うこと
カテゴリ
全体
季節ごとの言葉
雑記
協力サイト
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧